1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

コーギー犬とその家族の汗と 汗! と 汗!!! と 涙と笑いのとりとめもない物語


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ryuko Kobayashi/Saeki

Author:Ryuko Kobayashi/Saeki
イヌに飼育される歴6年、家事をしない主婦。趣味は、テニス、六甲全山縦走、スキー、まち歩き、映画、ベランダ菜園、ソーイング、粉もん、片付けと捜しもの、浅く広くとりとめもない。関心領域は、人とまちと住まい、参加と協働、サイエンスコミュニケーション、と、漠然としてつかみどころがない。title="CoSTEP">CoSTEP4期生。まちなみ発見クラブ・メンバー。
このブログは、コーギー犬のみかんとの出会いを機に始めたが、現在は私のとりとめもない戯言を書き綴っている。
facebook.com/Ryuko.Kobayashi

タグ

> tags
通勤時間 サラリーマン 資本主義社会 ボランティア 六甲全山縦走 掬精台 赤鬼 青鬼 紅葉 小林一三 ステンドグラス 梅田 阪急百貨店 アプテニア ハナツルソウ ベビーサンローズ コーギー 手術跡 雨樋 雨漏り プランター 観賞用 トウガラシ カラス 風致地区 キキョウ ハツユキカズラ コスモス 新耐震基準 鉄筋 耐震補強 基礎 珪藻土 こうべディーアイワイ・クラブ HDC 床の間 シロアリ 建築廃材 リフォーム 耐力壁 椅子 杉板 居場所 剪定 LDK シューズボックス 草屋根の家 セッシリスアルバ ダールベルグデージー アルテルナンテラ・フィコイデア アメリカンブルー 富士山 神田川 浅間大社 富士宮焼きそば B級グルメ お宮横丁 富士宮 エコツアー 元祖七合目 谷六 往来 京都かわいい手芸部 コワーキングスペース ざぶとん 着物 エリザベスカラー 手術 外壁塗装 リノベーション 焼肉マキシ 引越社 アリさんマーク 下地材 エコクィーン ファイバーテープ セルフビルド 住まい ハトリア サンワカンパニー 水栓 ミニマル 洗面ボウル 蛇口 換気扇 ニド グローエ アラベスク 住宅 バリアフリー改修 中古住宅 不動産取得税 生前贈与 減税 耐震改修助成 不動産 古家 耐震 建売 急傾斜地 分譲 新築 マンション 防災 シンサイミライノハナ 防災カフェ 浜戎公園 担架 水消火器 防犯 ひょうごボランタリー基金行政・NPO協働事業 NMねっと 宅地分譲 売地 売家 中古 ドライブインという豚丼名人 KICHEN 潮太郎 YOSHIMI 味噌キッチン 鶴橋 豚丼 ウエスト イースト 加森観光 留寿都村 WEB限定 イゾラ ルスツリゾート 寒中見舞い 年賀状 プリントゴッコ 辰年 スキー 札幌オリンピック JR北海道 マックス・ヒンデル 聖火台 サッポロテイネ GOTTON 手ぶらスキップ さっぽろばんけい 手稲山 竜頭蛇尾 新春 ドリカムワンダーランド2011 京セラドーム ラヴサプライ・ブラスバンド CoSTEP DeliberativePolling モデレーター 討論型世論調査 BSE 高齢者 西宮まちづくり塾 小売商業 少子高齢化 国際競争力 人口 水都大阪 被災地支援 フロレンティン・ホフマン ラバー・ダック 千島土地 ばらぞの箸 UR賃貸住宅 ニシキタ 芹沢高志 オノ・ヨーコ 清水町 靍野ランドスケープ 十勝千年の森 スカイTV セグウェイ 酪農 牧草 マルセイバターサンド 六花亭 中札内 千年の森 十勝 ばねい競馬 糠平湖 ポテトライナー 三国峠 北海道 帯広 カエルキャラバン PFD プラスアーツ アウトドア モンベル パン バジル フォカッチャ 昼寝 読書会 すうぷ 岡崎乾二郎 天六 韓国料理 ぱくきょんみ 朗読 WAKUA 樋ノ口町 コナミ 尼崎 テニス スクール Tシャツ 電気代 節電 クーラー こいわい食堂 上関町 棚田 祝島 石積みの練り塀 米粉 コミュニティビジネス もち麦 ファシリテーター コミュニティ パーソナルカラー インプレ 速読 合宿 電気料金 エアコン 女子サッカー なでしこジャパン なでしこリーグ INAC神戸レオネッサ KAMO 原発 堂島川 第二寝屋川 大川 とんぼりクルーズ 水都 2畳大学 大阪あそ歩 道頓堀川 大阪 植苗 エアポート 美々 新千歳空港 札幌国際ハーフマラソン サイエンスカフェ サイエンスコミュニケーション 北農研 北海道産 キャッサバ 小麦粉 扇風機 札幌 地デジ化 給食 中学校 弁当 栄養 情報 梅棹忠夫 民族学 文化人類学 学習塾 気仙沼 東日本大震災 支援 ファシリテーション ワークショップ グループ おたく プロセス コンテント カフェ 神崎川 グリーンピース サヤエンドウ スナップエンドウ 旬の野菜 ブログ テンプレート 西宮北口 阪急電車 部活 スポーツ 高校総体 セルフヌード 道頓堀 とんぼりリバーウォーク 新町川 ボードウォーク 西宮文学案内 今津線検定 マーキュリーレコード 宝塚映画製作所 カスタマイズ ゴールインマーク グリコ H&M キリンプラザ大阪 油そば 戎橋 トマト デルモンテ トゥインクル アイコ ブルーベリー イチゴ ホウコウ 夙川 花見 放射線量 学園花通り 入学式 地震 放射性物質 東電 甲陽園 みたらし通り ふるさと桜づつみ回廊 武庫川 ハロードッグ ガーデンズ ペット スープカリー ラーメン 高校受験 国際婦人デー ミモザ 日本の音風景100選 フルセ イカナゴ コナ 垂水 魚の棚 明石 もうどうにもとまらない 山本リンダ 狙いうち ラジオ大阪 武庫川団地 カラーコーディネート 改修 ストラトバイト 結石 NMネット かえっこ βカロチン 臨床試験 健康 新聞広告 フードマイレージ 科学ジャーナリズム 打ち水 地球温暖化 光触媒 トランスサイエンス 治療の方針選択 インフォームドコンセント twitter facebook メディアリテラシー 露出社会 YouTube 都市景観賞 まちなみ発見フォーラム 写真展 所有 マンション大改修 賃貸 大改修 万博公園 高橋匡太 祝祭 夢のたね pH リン酸アンモニウムマグネシウム 膀胱炎 水浴び ペットのお風呂 狂犬病 予防接種 犬のしつけ 犬の留守番 初日の出 クリスマスプレゼント カエル

mikannobouken
QR
翻訳
カウンター
電気予報 inTokyo
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06

Category: サイエンスコミュニケーション・コミュニティ

Tags: 討論型世論調査  DeliberativePolling  モデレーター  BSE  CoSTEP  

Comment: 0  Trackback: 0

「BSE問題をテーマとする討論型世論調査」に参加
11月5日(土)
北大高等教育推進機構が主催する「BSE問題をテーマとする討論型世論調査」にモデレーターとして参加した。

当日の様子→こちらから。
参加者向けの映像資料→こちらから。

モデレーター募集があったのが春頃、遠方からの参加可能とのことだったので立候補した。
CoSTEP後、なかなかサイエンスコミュニケーションの現場に関わる機会がなく、何かあれば積極的に参加したいと思っていたのだが、関西ではアカデミックかつ一般素人を受け付けない雰囲気があり(勝手に感じているだけかもしれないが)参加者として以上の関わりができないことに物足りなさを感じていた。
北大は元々CoSTEPが一般向けに門戸を広げていることから、私のようなオバサンでも参加させてくれる。
さすが北の大地のおおらかさある取り組みに感謝している。

そういうわけで参加した討論型世論(よろん)調査(Deliberative Polling)。
米国スタンフォード大学のジェームズ・フィシュキン教授(政治学)らが開発した手法で、約20年間の実績があり、日本では今回が5例目(大学主催の調査という意味では。DPを名乗らず取り組んでいるところがあるのか否かは知らない)。

この調査の特徴は、グループディスカッションにより前後で意見が変わったか否か(変わらなくても良しとする)は重要ではなく、合意形成をはかるものでもない。もしそこに変化(或いは変化しないこと)があるとしたら、それもまた場をつくる参加者によって導き出されなければならないことにある。
モデレーターは、グループディスカッションのサポート役であり、進行役ではない。
この点がファシリテーターと大きく違う。
私もファシリテーションの一般的流儀を熟知しているわけではないが、場への介入はファシリテーター以上にしてはならないのは確かななのだが、一方で、しなくてはならない。コンテンツを追いかけるとつい介入したくなるのだが「沈黙は怖くない」。

ふと、ノリさんのコミュニティファシリテーション講座で受ける話を思い出した。
あらゆる声を歓迎すること、身体的に感じ取ること、場を見渡し全体的に感じ取ること、、、プロセスワーク(プロセス指向心理学)の視点でとらえると、モデレーターの役割が少し明解になるかもしれないと思った。

もちろんこれは調査なので、社会学系の分野で民主主義のありようを探る手法として、日本では始まったばかりの試みである。
しかし、人の気持ちというものは案外場の雰囲気や人の意見に左右されがち。
常々考えている、確固たる主張ができるテーマは別として、BSEのような科学的・政治的背景がわからないと理解できない社会問題というものは、時代の気分やその場の気分で常に揺れ動くものだ。
しかるに、専門家が誘導することによってYesがNoになるのは×なのだ。

プロセスは我々をどこに連れて行こうとしているのか?
フレームワークから組み立てる仮説検証型の計画はもはや通用しない時代なのだ。


11/3の研修と合わせて、1日半の缶詰状態は非常に疲れたけど、勉強になった。
そして、今回のテーマであるBSE問題は、あらゆる社会問題と共通する課題が潜んでいると思った。

調査の検証を研究テーマにしている小笠原さんが「今まで参加したDPの中で、運営もモデレーターの進行もすべてにおいて質が高かった」と評価。
論文楽しみにしてますよ~

(一ヶ月前のことを思い出し、12/8にアップ)
スポンサーサイト

23

Category: サイエンスコミュニケーション・コミュニティ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

防災イベント体験
20111022kaeru_かえる

10月22日(土)、水都大阪フェス2011の「水辺でかえっこバザール」にボランティア参加した。
西宮のNPO、通称NMねっとが西宮で来年3月に開催する防災イベントのプログラムイメージをつかむために。
(当初予定の11月から3月に延期した。このイベントを手伝うことになった)

私がこの日担当したのは「担架タイムトライアル」。
このカエルは、水を入れたペットボトルが20本詰めた。つまり40kg。


20111022kaeru_担架トライアル1

子どもは、かえっこのポイントを貯めたくて次々とやってくる。
腕だけでも案外重いよ。
子ども二人じゃ持ち上がらんね。


20111022kaeru_担架トライアル2

大人の助けを借りて、えいっと持ち上げる。
でも、これじゃ持ちにくい。傷病者も不安になる。


20111022kaeru_担架トライアル3

ほんのちょっとのアイディアだけど、毛布の両サイドをくるくる丸めただけでかなりの安定感。
これで運べるね、というわけ。

ここで学んでほしいことは、
・被災したら自分たちで助け合おう。救急車を待っていては死んじゃうよ。
・子どもでも助けられるけど、一人じゃ無理。大きな声で大人にも協力をお願いしよう。
・毛布も担架代わりになる。
・毛布を持つときは、両端をくるくる丸めよう。
・運ぶときは足のほうから進もう。


20111022kaeru_ジャッキアップ

瓦礫の下に閉じ込められた人を助ける「ジャッキアップ」。
かえるくんの上に、同じ重さのなまずくんが積んである。
車に必ず積んであるジャッキを使って瓦礫を少しずつもちあげ、かえるくんを救出しよう、というもの。
これにもたくさんの子どもたちが群がっていた。


20111022kaeru_津波クイズ

こちらは「津波○×クイズ」。
子どもにはむずかしいかな。大人はかなりタメになる。


20111022kaeru_紙食器

「紙食器づくり」。
避難所には食器はない。水も貴重。だから新聞紙やいらない紙でつくろう。
これにビニールをかぶせれば、汁物だってOK。

家でどうしてもできなかった2タイプを、休憩時間に教えてもらった。
もうバッチリ!


20111022kaeru_かえっこ

子どもが群がる理由は、この「かえっこ」というおもちゃのリサイクルがあるかあら。
おもちゃにはポイントがついていて、体験で貯めたポイントに応じて交換できる。
「かえっこ」は全国あちこちで開催していて同じシステムだから、ポイントをずっと貯めておくことができる。
貯め続けたポイントは、最後の「オークション」で使う。
不要おもちゃの提供も一般市民。このオークションに出されているおもちゃも、もちろん中古。だけど、高価な任期ありそうなものは、こうやってオークションに出る。
子どもだけじゃなく親も目の色が変わる。


防災プログラムは、NPO法人プラスアーツの企画。
防災イベントと「かえっこ」のしくみをつなげることで集客アップを狙うというのが「カエルキャラバン」。
単純に景品をあげるよりも、ゲーム性、エコロジー、経済のしくみを学ぶ、などなどの多様な要素が盛り込まれ、組み合わせ方も多様に広がる。
でも、防災イベントとかえっこの組み合わせは、ちょっと違うかなあーと思う一日であった。
ただ、こんなに人が来るし、あちこちで開催の引き合いがあるわけだから良いしくみであることは間違いないのだろうけどね。


西宮での防災イベントは3/4(日)。東日本大震災から1年の1週間前。
地域とマンションが共有できる場をつくる。
「かえっこ」を取り入れずに集客するプログラムを思案中である。


テーマ : ボランティア活動    ジャンル : 福祉・ボランティア

07

Category: サイエンスコミュニケーション・コミュニティ

Tags: ぱくきょんみ  すうぷ    朗読  読書会  WAKUA  韓国料理  岡崎乾二郎  天六  樋ノ口町  

Comment: 0  Trackback: 0

「ぱくきょんみ詩集『すうぷ』」朗読書会
20110905天六

9月5日(月)夜。
この日は2つのテーマが重なったディープな夕べとなった。

文化農場の月1回読書会。
長らくご無沙汰していたのだが、今回は丸井さんナビゲーターで朗読会になるということと、場所も変えてその周辺視察もあるという魅力的な企画だったので、早々に参加を決断した。

読書会の前に、天六~樋之口町視察。
(写真ダイジェストは、こちら

数年前に、この某タワーマンション屋外共用部の企画に参加したときにもこのあたりを視察したが、大川と大きな道路と高速にはさまれた三角地帯は、表の顔は変われど川に面したところは相変わらず違う時空に存在していた。
楽観主義的に語るなら、ラビリンス。
脈々と続いてきたであろう歴史的背景を想像すると、裏の顔を覆ってしまうタワーマンションなるものが安易に表の顔として聳え立っていいものかと思ってしまう。


丸井さんは、あえてそのことに触れず、案内してくれた。


20110905wakua1

朗読書会の場所は「WAKUA」。
長屋の一角のおうち兼カフェで、まさに隠れ家。カフェ改装費わずか1万円というセルフビルドの部屋は、狭いけどすこぶる落ち着く。ふだんの台所から出てくる韓国料理もおいしかった。


20110905ぱくさん作品1 20110905ぱくさん作品2

20110905岡崎乾二郎氏作品

2階では、今回対象本作者ぱくさんの作品と彼女のパートナーで美術家の岡崎乾二郎氏作品も展示(丸井さんのはからい)。


さて、今回のメイン・朗読書会の対象本は、ぱくきょんみ詩集『すうぷ』。

若い頃に書いた詩を集めたもの。絶版となっているので、丸井さん所有の本を回して読むことに。
読む題材は、タイトルだけのひらめきで決めるというルールで、私は「はじめ・おわり」。(実は一番長かった)
韻を踏むような繰り返しの言葉と、ふわふわと空の上を舞っていたかと思うと、いきなり地の果てに落とされたような思いも寄らぬ展開。
何故か懐かしくもあり、昭和の臭いと、私の記憶にある原風景が蘇ってきて頭から離れなかった。
聞けば、ぱくさんの生年に近い私。
子ども時代の日本の風景や、思春期に影響を受けた背景が近い人の、その当時共感できる何かが存在していたような、不思議な感覚が理解できた。

ぱくさんの詩は、思い浮かぶ情景が単語になって次々と飛び交っていく、一見脈絡のなさそうな表現も、すべてつながっているのだと感じる。

「すうぷ」は、日本に在住しながらも韓国家庭で育ったぱくさんが、その家から離れたくてしかたのなかった時期の作品集だ。私がとてつもなく親近感がわくのは、私は普通の日本人の家庭に育ったけどやはり思春期の頃激しく家を出たくてしかたなかった時期があったからかもしれない(そうして10代から実家を出てしまったのだが)。

1冊まるごとちゃんと読んでみたくなった。


朗読はいいね。
耳から聞く文学、ふだん使っていない脳も動き出して、想像がふくらむ快感。
それは誰も見ることのできない私だけの世界。



20110905サンマのお刺身 20110905すうぷ

サンマのお刺身と、韓国の家庭でつくるスープ。


本当に密度めちゃくちゃ濃くて、迷宮から出られそうにない自分がいたよ。

丸井さんがぱくさんの知り合いであったこと、丸井さんの自宅が天六に近かったことで、この本と場所が選ばれた。
恐らくいつもの場所だったら、印象も大分違ったであろう。
場の持つ力はスゴイ。テーマとのベストマッチングでその凄さが際立った夕べだった。
もし次にWAKUAに行っても、同じ感覚にはならないだろう。

13

Category: サイエンスコミュニケーション・コミュニティ

Tags: サイエンスコミュニケーション  サイエンスカフェ  北海道産    小麦粉  キャッサバ  北農研  

Comment: 0  Trackback: 0

米粉&超強力小麦粉 made in 北海道
20110713komeko

7/2(土)に北農研のサイエンスカフェに参加した。
北海道産米の消費量アップのために、米粉として使うことを目的に開発されたお米と超強力小麦粉のお話。
http://cse.naro.affrc.go.jp/shinano/NARCHrhizosphere/ScienceCafe.html

講師の船附さんと話をしていたら、「お米送る-」と言ってくださって、本当に送られてきたのがこれら!!!


さかのぼれば・・・

昨年、「おぼろづき」「ゆめぴりか」など道産米の試食付き開発秘話のサイエンスカフェで、北海道産米の見方が変わった。

正直、我が家で食べる道産米がおいしくなかった。
それは、米の種類の問題か(きららだったかな)、精米から時間がたちすぎてる問題か(古米に近くなるまで置いている)、炊飯器の問題か(ふるい炊飯器。水分が抜けて乾燥気味に炊ける)、そのすべての最悪の組み合わせだったかもしれないのだが、、、、、

1年前にこれらのお米、アミロースが少なくて粘りけのある、冷めても美味しいお米を知り、食べてみて、目からウロコだった。
科学的にも納得できるおいしさに心打たれた感じだったわけ。

「冷めてもおいしい」「冷めても艶やか」これは、すごく説得力ある言葉だった。
お弁当にいいじゃない。
温かいご飯が当たり前になってるけど、冷めてもおいしいなら冷めたまま食べてもいいんじゃない。
冷茶漬けにもいいかも。。。。

当たり前の概念が覆されるときに新しいものが生まれ、ファンがつくんじゃないかって思った。


今回のサイエンスカフェは、北海道産の米や小麦粉の消費量を増やそうという目論見があり、そこで目を付けたのが。「米はごはんとしての消費が減ってるけど、粉ならイケルかも」というものだった。
日本で消費される小麦粉は、強力粉20万トン、中力粉60万トン、薄力粉76万トン、国産比率はそれぞれ1%、70%、21%。
パンや麺類に使われる強力粉に替わる新たな道産品(米粉と超強力粉)をつくり、シェアを1%から二ケタへ?!船附さんたち研究者の野望が広がり、しかもそれは「おいしくなくっちゃいけない!!」という原点に立った発想があることに惚れ惚れした。

新規開発米粉はアルカリ処理を施したもの(でんぷんの損傷が少ない)、超強力粉「ゆめちから」は、米粉とブレンドしてパンやケーキに使う強力粉に近い性質にするため、良いグルテンの多い(つながりやすい)もの。

米粉はまだ業務用しかなく、「ゆめちから」はこの秋の収穫から本格的に市場展開されるとのこと。

北農研によると、粉として使うベスト比率は、米粉:超小麦粉=2:8。
米粉が入るとふんわりしてて甘みが増す気がしますが、あとは好みのブレンドになるのかな。
早く試してみないといけないなー

20110702syokupan 20110702pao

サイエンスカフェでは、新規開発米粉を使用した食パンを試食。
さらに、グルテンがない米粉はブラジルのキャッサバと同じだ!ということで、米粉でポン・デ・ケージョに挑戦。
キャッサバで作られたモノと食べ比べした。

感想は・・・・・つづく。


テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ    ジャンル : 地域情報

26

Category: サイエンスコミュニケーション・コミュニティ

Tags: ファシリテーション  ファシリテーター  コミュニティ  プロセス  コンテント  

Comment: 0  Trackback: 0

ファシリテーターの目線シリーズ-ファシリテーターの役割とスキルとは?
5月12日(木)、15日(日)、19日(木)の連続講座「ファシリテーターの目線シリーズ」について。
講師は、ココミュニティファシリテーション研究所のノリさんこと廣水乃生氏。
開催場所は神崎川の「navel cafe」。

20110515facillitater



●第1弾:機能するファシリテーター
ポイントは、・機能するために「自覚」する
      ・「好奇心」と「注意深さ」を持つ

前段として、「ファシリテーションとは」→「コンテント」「プロセス」「コミュニティ」のファシリテーション。

この話を聞いて、そうか、私はコンテントを追いかけ、予定調和はイヤだと思いながらも、なんだかつまらない司会進行役にとどまっていたなあと自覚した。
「コンテントはデザインできるがプロセスはデザインできない」まさにその通り。
「プロセスが影響し合って現れる現場の出来事」を扱うことの重要性は、わかっているが天性のスキルが必要だと思っていた。いかに台本にないアドリブをかませるか。名司会者のワザみたいなもの。私は無理だ。って決めつけてはいなかったか。

プロセスを見て場に介入すること、少し概念論なんだけど、状況の変化に応じたファシリテーションってこと。
場で起こる「出来事」が次に場を共有するグループをどこに連れて行こうとするのか、ということ。

ノリさんは数学教師である。
この発想はとても数学的だと思った。
通常我々は過去の出来事を分析して未来の仮説を立てていく。数学的帰納法。立ち位置は「現在」にある。
一報、「出来事はどこに連れて行こうとしているのか」の立ち位置は「未来」。
現在の出来事は未来の出来事の原因であるという見方。未来がゼロとすると現在はマイナスの位置にある。
現在の出来事を結果として見ることはおもしろい。

要は、場をおもしろがる、ってことから始めないと行き詰まる。
「こうに違いない」という決めつけも御法度。
自分の中野声は資源である。ということは、場を共有する他人の中に隠れている「何か」も資源なのだ。
自分ができなければ別の人に役割を託す。
そしてとにかく場を共有するグループを次の未来に向かわせること。
なんだかSFっぽくてワクワクしてきました。


●第2弾:目に見えるもの・見えないもの
ポイントは、・コンセンサスリアリティ(見えるもの)とノン・コンセンサスリアリティ(見えないもの)
      ・目に見えないものに焦点をあてる

見えるモノは共有しやすいが、見えないものは共有しにくい。
しかし、場の雰囲気や個人的に気づいていること、グループ全体のムードなど言葉に表しにくい「目に見えないもの」が場を支配することは多い。
空気の流れを感じ取り、それをグループ全体で意識すること。
「会議の雰囲気はどうかな・・・」「言いずらいんだけど・・・」場の空気を読んでそれを意識させる発言は、硬直化した場でしばしば有効に機能する。

潜在的な問題(さほど問題とは思えないことでもよい)を顕在化させる、ということでもある。

うん、この回は言葉にしにくいが、体感的にわかった感があった。


●第3弾:フィードバックのとらえ方
ポイントは、・ポジティブフィードバック(脈のある反応・熱い反応)とネガティブフィードバック(脈のない反応)

つまり、相手の反応を見るということ。
オーバーリアクション、声のトーン、話し方のスピードなど、何か突き動かされる話題のときに人はそのような反応をする。
それに気づき、つっこむ。

そうそう、インタビューなどでインタビュー項目を用意していくわけだが、ひとつひとつ聞いていくとアンケート回答と同じ結果しか得られないというのと同じだ。
聞く予定ではないことでも、大きく反応したら「それは何?」
恐らくその人を形成する、或いはある行動をするための重要なファクターが隠されているはずだから。
「反応」を見逃したり、無視したりしてはいけないのだ。

この回は、実際に参加者が相談役と聞き役になり、とりとめもない話を5分してもらう中で「フィードバック」を見つけるという実践だった。
フィードバックもさることながら、その話の内容にも興味を持った。
みなさん、お疲れ様でした。

**********

良いファシリテーターはネゴシエーターにもなれるに違いない。
家庭円満にもつながる。(私情が入るとむずかしいんだけど・・・・・家庭は会議室じゃない、という場でもあるとも言える)
そして、これらグループを自分に置き換えてみると、自分の正直な部分が見えてきて、物事の決断に役立ちそうだ。



詳しくは、この企画をコーディネートしてくれた梅山さんがブログ「肝虫の退屈日誌」で紹介している。
A'創造館でカウンセリングの仕事をしているだけあって、わかりやすい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。